トップページ > 事業所紹介 > 障害者就業・生活支援センター野の花
障害者就業・生活支援センター野の花
センター長 小泉 栄治

 旧労働省と旧厚生省の統合に伴い、これらの一本化を象徴する事業として、平成14年に障害者就業・生活支援センター事業が発足。あっせん型雇用支援セン ター事業(労働)と旧通勤寮で実施されてきた就業にかかる生活支援事業(福祉)を一本化し、障害者の雇用の促進と就業生活の安定を図ることを目的としてい る。

【運営主体】
 支援対象障害者の職業の安定を図ることを目的として設立された民法法人(社団法人及び財団法人)、社会福祉法 人、特定非営利活動法人、医療法人であって、一定の要件を備え都道府県知事が指定した者

【支援の方向性】
 まずは、お電話や来所相談を経て、ご本人と「働くこと」「暮らすこと」の課題を明確にします。
 「働くこと」では、ハローワークへの同行、求人情報のチェック、諸手続き等をお手伝いします。就業経験の少な い方は、希望に応じて職場見学や職場実習を体験していただきます。
 「暮らすこと」では、住まい探し、食事、健康面、金銭面の管理等について支援機関の情報提供を行い、必要に応 じて諸手続きのお手伝いをします。

【就職支援】
 求職活動が具体的に進むと、障害者職業センターでの職業評価、面接の同行、実習中の付き添い、評価の聞き取り など必要に応じて支援を行います。

【フォローアップ】
 採用後については、ジョブコーチ(職場適応援助者)支援が終了した後も、引き続き定期的に会社訪問し職場定着 を行います。

【コーディネート】
 ケース会議を開催して、職場や家庭における問題・課題を解決します。

【情報の共有】
 関係機関と成功・困難事例等の情報を互いに公開・共有化し質の高いサービスが提供できるように努めています。

《「はたらく」「くらす」~これから》
  最近では、障害の多様化により、支援者側により専門的な対応が要求されています。様々な問題を抱えている方 を支援するためには、専門的な知識や人的環境 の観点からも、センターのワーカーのみで行うことは非常に難しい 状況ですが、支援機関が連携を取りながら情報共有し、お互いの専門分野の知識を交換するこ とで効果的な支援に 結びついています。
  また、長期に就業を継続するためには、地域の関係機関が就職前から就職後まで連携することが不可欠です。し かしながら、「就職」という短期的な課題ばかりがクローズアップされていることが現状ではないでしょうか。
 今後、障害者の企業就労を促進するためには、就業場面における物理的な改良だけでなく、障害状況の配慮や障害 を軽減するための環境調整をいかに進めていくかが大きな課題であると考えています。

【所在地】
 〒810-0001
  福岡市中央区天神2-13-17
  キャリアサポートセンター4階
  (TEL)092-729-9987
  (FAX)092-717-9988





△トップへ